きずな日記

minnanote.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

みんなのカフェのご案内

みんなの手主催イベントのご案内です!

3月3日  『みんなのカフェ』
    ~この一年を、ふりかえって~

2011年3月11日。あれからもうすぐ一年が経とうとしています。
あの日、私達人間は大自然の力の前では無力であることを思い知らされました。
東日本大震災では、天災である地震、津波だけではなく、人災である原発事故をも同時に体験し、この現実は今もまだ続いています。
3月3日は、原発事故により自主避難をしてきた私たちの一年を振り返って、今感じている想いや、これまでの活動をお話 させていただければと思います。
一年を振り返ってみて、それはそれは沢山のご縁と繋がりの中で暮らしてきました。
当日は『みんなのカフェ』も併設していますので、美味しいものを飲んだり食べたり、ゆったりした時間の中で集まった皆さんと、お話できたら嬉しいです。

みんなのカフェ@ 堺町画廊

日     3月3日(土曜日)  
時間    スタート        12時30分
      みんなの手のスタッフトーク 13時30分~15時30分 
      (避難の経験談とみんなの手の活動報告)  
      みんなでトーク   15時30分~  
      終了        17時
参加費   300円

*みんなのカフェメニュー*
おにぎり、お味噌汁、お漬け物や、あんころ餅にくるみ餅など
福島や東北ならではの美味しいものを御用意して、皆さんのお越しをお待ちしています。
ぜひご参加ください。(マイ箸、マイカップのご持参ご協力 大歓迎 )

*みんなのカフェショップ* 
福島県二本松市から京丹波に移住されて来られた石山さんの作る東北の一品も販売します。

*カフェの売り上げは 「みんなの手」の活動費や支援などに使わせて頂きます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3月4日 『みんなのカフェ』

キャンドルトーク ~未来に繋ぐ希望の灯り~

311以後の私たちは、いろんな変化を体験してきました。
私たち一人一人の心に希望の灯りキャンドルの灯りの中、
集まった皆さんといろんな想いを語り合 う時間になればと思います。
そしてここからもまた、未来の良きことに繋がる種が蒔かれますように。
みんなで京都から何を一緒にできるのか話したいと思います。

*この日のカフェは、飲み物だけのご用意となります。

3月4日(日曜日)キャドルトーク
時間 開始 15時~ 終了 17時30分
参加費 300円
[PR]
by minnano-te | 2012-02-19 11:07 | イベント

街頭募金してきました

 みんなの手ではふるさと支援活動としてSave Watari Kids、子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、福島老朽原発を考える会、FoE Japanの4団体で運営されている「わたり土湯ぽかぽかプロジェクト」の募金活動を京都で行っております。福島市でも2ミリシーベルトを超す線量のある渡利地区の子ども達をせめて除染期間中だけでも、線量の低い福島市の土湯温泉に一時避難させようと立ち上げられたプロジェクトです。線量の高い渡利地区では去年渡利の市民団体(Save Watari Kids)が国の現地対策本部および市に対し、特定避難勧奨地域に指定することや子ども・妊婦のいる世帯には厳しい避難基準の適用などを求める要望書を提出しましたが指定は受けらず、国や市は、「徹底的に除染を行う」としています。
「何とか、子ども達の被曝量を減らしたい。京都から応援の声を届けたい。」そんな思いで、みんなの手では京都で募金を集めることにしました。
 現在、京都市には62カ所に募金箱が設置されています。募金箱だけではなく、渡利の現状を京都の方に知って頂こうと2月12日に四条河原町の高島屋前で街頭募金を行いました。3.11同志社学生ネットワーク、一歩の会、Dance and People, K Affection,大谷大学の学生さんと一緒に3時間募金活動を行った結果、32408円集まりました。3.11同志社学生ネットワークの学生さんが先週街頭募金をして集めた15903円と合算しFOEJapanに送ります。
 私たちの呼びかけに募金してくれた子ども達。福島から避難して来られた方、京都の方々。皆さんの善意を福島の子ども達に届けます。
[PR]
by minnano-te | 2012-02-13 08:33 | わたり土湯ぽかぽかプロジェクト

ぽかぽかの街頭募金をします!

  みんなの手ではふるさと支援活動としてFOEJapan主宰のわたり土湯ぽかぽかプロジェクトの募金活動を京都で行っております。福島市でも2ミリシーベルトを超す線量のある渡利地区の子ども達を除染期間中、線量の低い福島市の土湯温泉に一時避難させるために立ち上げられたプロジェクトです。渡利地区の住民は特定避難勧奨地点指定の要請を行いましたが指定は受けられませんでした。

「何とか、子ども達の被曝量を減らしたい。。。京都で何かできないか。。」そんな思いで、みんなの手は京都で募金を集める事にしました。

 現在、募金箱は61カ所に設置されています。募金箱設置場所は京都YMCA(中京区) 堺町画廊(中京区) 京都YWCA (上京区)  Social Kitchen (上京区) 
Dance and People (上京区) TOSCA (左京区) キッチンハリーナ(左京区) ベテスダの店(伏見区) NPO法人ちいろば (あなたの居場所 スカサ)(伏見区) そうぞう館(伏見区) ももやま子ども文庫(伏見区) 民医連の各病院

 今週、街頭募金を四条河原町の高島屋前で行うことにしました。一緒に寄付を呼びかけていただけませんか?ご協力御願いします。

 日時 2月12日(日) 12時から3時
 場所 高島屋前
 集合時間 11時45分 現地集合
ご協力いただける方は、minnano-te@excite.co.jpまでメールを御願いします。

ぽかぽか詳細は
http://minnanote.exblog.jp/17421671/

できれば、拡散も御願いします。
[PR]
by minnano-te | 2012-02-08 09:18 | わたり土湯ぽかぽかプロジェクト