きずな日記

minnanote.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:みんなの手について( 2 )

1212 会の立ち上げ日

 今日、「避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク みんなの手」が誕生した!
避難者が他の避難者とそして、京都の人々と手をつなぐことにより、みんなが自分の事として、お互いを思いやり、ここから何かが生まれたら。。。
 実は、この会の名前を考えていたとき、ひとりの手という歌を思い出した。京都の知人に聞いたらわからなかったけれど、郡山に子ども時代に住んでいたという京都在住の知人に聞いたら知っていた。全国の学校で習った歌だと思ったけど、福島の学校だけだったのかもしれない。
”ひとりの小さな手何もできないけど、それでもみんなの手と手をあわせれば、何かできる 何かできる。"
 みんなの手をあわせれば、きっとなんでも出来るんだと思う。みんなでつながりながら前進していけたらいい。
[PR]
by minnano-te | 2011-12-12 15:08 | みんなの手について

新たな会の立ち上げに向けて

 今までの避難者の会を拡張して、「避難者と支援者を結ぶ京都ネットワーク みんなの手」を明日立ち上げます。この会は、京都に避難してきた方同士を結び、そして、京都の方々と結ぶ会です。現在、京都には700名程の避難者がいると聞きます。京都府、京都市の受入先の公営住宅に避難してきた方、個人で避難してきた方たちがつながることにより、大きな力になると思うのです。
 6月から福島市から京都市の公営住宅に避難してきて、8月に避難者の会を立ち上げました。その後、宿舎内の避難者同士の横のつながりだけではなく、地域の方々ともどんどんつながり、いろいろな面で京都の方々に支えられて生きています。
 この支援の輪を京都の全避難者に広げて行きたいと思います。また、「何かしたい」という京都の方々の温かい気持ちを”支援”という目に見える形で避難者に届けたいと思っています。
 避難者が自分の生活を取り戻し、新しい一歩を踏み出せるように、京都の人々と一緒に歩める会にして行きたいと思っています。
 
[PR]
by minnano-te | 2011-12-11 05:04 | みんなの手について